なぜストレスニキビができるのか?

今回はストレスニキビが出来た後に思う、なぜストレスニキビができてしまったのか?の原因について書いていこうと思います。 

 

そもそもストレスニキビと名前がついているだけあってこのニキビの原因はストレスです。 一般的にストレスと言うと対人関係や会社でのストレス家族と分かり合えていない時にイライラしたりする物をイメージするかと思います。 

 


もちろんそれも分かりやすい心理的なストレスです。これが原因の場合は、 相手を変えるよりも自分が変わってしまったほうが早いです。(>_<) 

心理的なストレス


最近始まったドラマ『嫌われる勇気』に出てくるアドラー心理学 などを見てみると面白いのですが、相手の問題を自分の問題として置き換えてイライラしていたり、ストレスを溜め込むっていうのは人生においてかなり損な時間の使い方だと思います。

 

ほとんどの場合相手は別にあなたに対して敵意があるわけではなく、たまたまイライラしていた時にあなたに強く言ってしまったのかもしれないし、分かってくれないという気持ちを表現するためにわざと嫌味ったらしい形をしているのかもしれません。
 

でもそこに気づいて治すためには自分で気づく必要があります。 例えば相談されるような信頼関係があればアドバイスをしてあげればいいですが、

相談もされていないのにアドバイスと思って色々言うと『いらん世話』ということで感謝もされないですし、あなたも相手もストレスを抱える原因になってしまいます。(;'∀') 

 

 


心理的なストレスの100%は対人関係にあると言っても過言ではないと言えるぐらい人間 は他人の目を気にして生きています。 


ちょっと話が心理的な方向に行き過ぎたので結論を言うと、対人関係でストレスを抱えてしまう場合は、なぜその人にイライラしてしまうのか?なぜその人は自分に対してそんな言い方をするのかというのを考えてみたら良いかと思います。( *´艸`) 


理不尽な話ですが、家庭がうまくいってない場合会社の部下や取引先(目下の人)に八つ当たりする人もいます。
そういう人の話は軽く受け流したり、転職しちゃうといった選択肢がいいかと思います。 

 


結婚した旦那が相手の場合は、相手は相手の考えでベストだと思うことをしているので、その気持ちを少しわかってあげるとストレスも軽減するかと思います。 

 

身体的なストレス


そして意外と知られてないんですが、身体的なストレスというのもあります。 
これは体に対するストレスも、もちろん体を傷つけられたり、重いものを乗せられていたりすると『苦しい』『不快』と思うのもストレスに入ります。


 仕事で1日中デスクワークでジーとしているのや、朝から晩まで働いて睡眠不足ぎみや過労というのも体はストレスとして感じています。 (疲れがたまっているとも言いますが)

 


人は生きていくために快適ではない状態の時に、不快感を感じたりイライラしたり するようにできています。
この不快感を感じた時になぜ自分はそう思ったのか?なににイライラしているのか?というなぜなのか?どうしてか?『そもそもどうしたいのか?』と言うの理由を問いかけてみるとストレスの原因がだんだんとわかってきます。 

 

 


分かっているけど解決できないというパターンも、もちろんあるかと思います。
でも何も分からないでイライラしているよりは、なぜこんなふうに自分がイライラしているのかというのをわかってしまえば、じゃあどうする?を考え、ストレスを軽減したりもしかして違う発想で解決しちゃったりもします。(^^)

 


まずは自分を見つめ直すこと から始めてみると良いかと思います、 相手のせいにしている間は何も変わらないって昔から言われてます。 

 

因みに心理的でも身体的でもストレスがたまるとホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなります。

過度なストレスで胃腸が痛くなることもあるかと思います、その傷ついた胃腸を治す為に血液を内臓に多く使われるので肌の毛細血管に届く血流量が減り、結果として肌が乾燥してニキビができやすくなるといった事も理由なんだそうです。

 

もうすでにストレスニキビができている人、ニキビのできやすい乾燥肌の人はこちらの記事も読んでみてください

ストレスニキビ

© 2017 ストレス ニキビ rss