↓ストレスとホルモンバランスに唯一アプローチできる! 

 

92%がキレイに!大人にきび・肌荒れの悩みに!

ストレスで乾燥肌になる理由

こんにちは、今回はストレスニキビとも関係している事で、ストレスがたまると 乾燥肌になる理由について書きます。 

日本で暮らしているとストレス社会 と言われるだけあって、まったくストレスを感じずに生きている人は本当に一部の人たちだけだと思います。

 


活性酸素は体を錆びさせる

 

職場やご近所づきあい、友人関係に家族や親戚の問題など・・・ストレスが起きる場所はどこにでも存在します。 


そんなストレスを感じた時に肌がボロボロになったり乾燥肌になる理由 としては活性酸素の影響が大きい と言われています、別名フリーラジカル

 

活性酸素は細胞を酸化させてしまう ので、肌の老化を加速させたり細胞が炎症を起こしたりしてしまうため 肌トラブルの原因になりやすいと言われています。 

紫外線などの外側からくるストレス(刺激)で活性酸素が発生するのですが
 

ムカつくことを思い出して愚痴ったり
月曜日が来ると、またあの上司に怒られる。。。。


など自分の内側から来るストレスでも血管が収縮して、血流の流れが悪くなり活性酸素を発生させてしまいます。 

もちろんタバコ屋激しい運動 大量のお酒を飲むと活性酸素が大量に発生 します なので40代を過ぎた頃からタバコを吸っている人の老け方は吸ってない人に比べて群を抜くものがありますよね。 


 

まさに鉄が塩水で錆びるように人の体も活性酸素によって錆びていく というのをイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。 

30代に入ってからは活性酸素を除去する機能が低下してくるので、ストレス以外にも紫外線や喫煙、酸化した油を使った料理などはあんまり取らないようにしたほうがいいです。 

 

肌への血流量が減ると乾燥肌になる 

 

ストレスを感じると女性ホルモンが減少したり、肌のバリア機能が低下したり して乾燥肌になります。

段階的に言う場合、ストレスを感じ 過ぎると胃がキリキリと痛むといった経験をしたことや聞いたことはないですか? 

 

内臓にダメージが行くということはそれを修復するために多くの血液を集めます。

なので生命維持としてあまり重要でない肌の毛細血管に届く血流量が減ります。

血液という水分が肌表面にあまり行かないと砂漠のように乾燥してしまうのは想像しやすいかとおもいます。

 

つまり体の血液の循環がスムーズでない肌は乾燥肌になりやすかったり、肌荒れの原因になったりします。
夏よりも冬の方が乾燥肌になるのは気温が低くなるので体温を保つために体の血液の流れが悪くなることも原因と言われてます。

 

なので肌が乾燥していたりボロボロで悩んでいる人は外側から保湿ケアをするのもとても大切ですが、自分が何にストレスを感じているのかどうやったらストレスを感じにくくなるかというのを一度見直すのは効果的と言われています。(^^♪

© 2017 ストレス ニキビ rss