↓ストレスとホルモンバランスに唯一アプローチできる! 

 

92%がキレイに!大人にきび・肌荒れの悩みに!

ホルモンバランスが整うとストレスニキビは減る理由は?ピルも効果的だけど・・・

ホルモンバランスが整うとニキビは減るについて書いていこうと思います♪ 

 

先に結論を言っちゃうと、ストレスなどでホルモンバランスが崩れている状態は男性ホルモンやアドレナリンが増えている状態で、皮脂が過剰に分泌されたり角質が硬くなって毛穴が詰まりやすくなりますのでニキビがとてもできやすい状態です。

 

その理由と対策方法について 

 

まずホルモンバランスについて、男性ホルモンと女性ホルモンという2つに大きく分けられるんですが、今回は男性ホルモンの中ではテストステロン女性ホルモンではエストロゲンに注目していきます。 


 

男性ホルモンはニキビの原因とよく言われているのはこのテストステロンのことで、このホルモンが増えすぎると先ほど書いたように皮脂が過剰に分泌されたり毛穴が詰まったりしてニキビができやすい状態になってしまいます。 

 

 


女性ホルモンであるエストロゲンについては、妊娠から出産まで見ている人がいると分かりやすいのですが妊娠初期の頃は女性ホルモンと男性ホルモンが増加して、肌トラブルが増えたり情緒不安定になったりします。 


その後は安定期と言われる状態に入ると、エストロゲンが大幅に増加して肌の状態はとても良好になることが多いです。 

 

 

ピルを飲むと生理前のニキビが治ると言った治療方法も、この安定期に近い状態を作ることで男性ホルモンの分泌を止め ています。 
 

 

30代から40代になると乾燥肌も目立ち出します、これもエストロゲンが減少していることが原因と言われています。 
 

皮脂腺が詰まるのやニキビを防いでくれる効果があるエストロゲンですが、これだけを過剰に摂取したとしても肌がとても美しくなるというわけではありません。 

ホルモンバランスがなによりも大切なので普段の生活、そしてラミューテのような根本的なホルモンバランスに働きかけてくれる製品を使った方がいいです。( *´艸`) 


 
ラミューテについてはこの記事に書いてます⇒ストレスニキビにしたこと

 

因みにピルは効果的ですがエストロゲンそのものを摂取している形になるので、応急処置、薬のような感覚で使うのがいいかと思います。

© 2017 ストレス ニキビ rss