ニキビで皮膚科に行くか悩んだら

ニキビが出来てしまった時、皮膚科に行って効果があるのかについて書いていこうと思います。 

 

先に結論と言うか元も子もないようなことを書いてしまいますが、 ニキビで悩んで治る人治らない人がいます。

 

化粧品がお肌に合う合わないがあるように、皮膚科で処方される薬がその人に合うかどうかというのもありますし、 お医者さんのニキビに対する知識や情熱がある人と逆にニキビぐらい時間がたてば治るでしょと思っているお医者さんがいるのでどの人にに当たるか、 または選ぶかというのも大事です。 


皮膚科でのニキビ治療について調べたので、これを見て行くかどうかをご自身の判断材料にしてくれたら幸いです。

 

 

ニキビ 皮膚科 治らない 

ニキビは皮膚科へ行って治そうと思った時に気になることとして、 皮膚科に行って治らなかったらお金も時間ももったいないなって思う人が多いと思います。 

と、いってもニキビに悩んで皮膚科に行こうと思う人はニキビで悩んでいる内の2割ぐらいなんです。 


 

ニキビが深刻な悩みになって、症状が激しくなってから初めて検討する人も多いかと思います。
というかそれまでは時間もかかるしそんな暇ないよ!と思っちゃうんですよね~(;´∀`)

 


実際先ほど書いたニキビに対して知識と情熱がない先生だった場合、診察は5分ぐらいで終了して

『とりあえずひどいから薬出しておきますねー』みたいな対応しかされなかった 。 

『処方された薬を使っても顔がヒリヒリ(副作用)してなかなかニキビが治らない』という友人の話を聞いた日には、わざわざお金も時間もかけて病院に行って意味あるんだろうか? と疑問になると余計にいく足が重くなりますね。 

 


飲み会での職場の愚痴や、インターネットの書き込みを見てもわかると思いますが、人ってネガティブだったことや、よくなかったことを話したがる傾向にあるんです。

だから皮膚科でニキビが治った人は、もう綺麗な自分を見て欲しいからそんな過去を思い出すような話をしない 。

結果、皮膚科は治らないというイメージがついてしまったんだと思います。 


実際に治った人も治らなかった人もいるのでその人に合うかどうかもありますし、そもそも治療方法について受けたいと思えるかどうかの判断基準にしたらいいのかなと思います。 

私は副作用を知って個人的に受けたくないなーと思って行って無いです(^^)

 

薬の副作用の危険性についてはこの記事に書いてます⇒ストレスニキビで皮膚科に行く前に知ってほしい副作用のリスクと対策

 

ニキビ 皮膚科 薬 ディフェリンゲル 

皮膚科でニキビ治療お受けた場合、まず定番と言われるぐらいに処方されやすいのはデフェリンゲルです。 

2008年に保険適応として認可されたでディフェリンゲル、大人ニキビに効果があるんですが副作用として【肌が赤くなりフケのように剥がれ落ちたり、 乾燥してかゆみが出たり】といった症状があります。

 

 副作用発生率は80% らしいのですが、 肌が透けるように剥がれ落ちる ことに関しては 一種のピーリングみたいなもので、皮膚を生まれ変わらせようとしてるからこれに関しては仕方のない部分というか、好転反応と、とってもいいかもしれません。

 

このディフェリンゲルそれまでの殺菌をして炎症を抑えるといった所ではなく、毛穴のつまり自体を取り除くという効果がありますので、ニキビができだした頃からある程度大きくなるまでに使えばかなり効果が期待できるのです。

が、炎症が強くて悪化しているニキビに関しては効果が少し出にくかったりするようです。 

 

ちなみに 患者さんに向けたパンフレットに 

「同じ系統のおくすりを実験動物にしようしたところ精巣(睾丸)に影響があったという報告があります」 

海外ですが妊娠中に 使用すると奇形児が 生まれたなんていう報告もあります。
さすがにこの副作用は・・・本当にあるんであれば怖いですね。 
(;´∀`)

© 2018 ストレス ニキビ rss